大阪府立大学 学生
右大輝

 

ニットの企画会社として

「これ編みおわったら旦那に渡すの。」そう教えてくれたおばあちゃんの目はとても優しく光輝いていました。

居住者で65歳以上の方の占める割合が全体の37%、女性だけでみると全体の47%となっている白鷺団地は未来の日本の縮図といっても過言ではないかもしれません。 しかしcocoloitoの編み物教室に参加していると、高齢化社会もあまり悲観することでもないのかなと思ってしまいます。それほどまでに彼女たちは生き生きとして活気に満ち溢れており、教えあい尋ねあいときにはたわいのないおしゃべりもして活動中は教室が熱を帯びています。 「先生、次の教室はいつなの?」と皆活動を心待ちにしている様子が見てとれ、今は月一回の活動ですが毎日でも活動して欲しいと思うほどです。

cocoloitoの活動が全国に広まりあの光輝いた目を持つ人々がもっともっと増えてくれることを願います。

右 大輝 (大阪府立大学現代システム科学域マネジメント学類2年)

 

右大輝

大阪府立大学現代システム科学域マネジメント学類2年

LINEで送る