大阪府立大学 学生
坪田直樹

 

『つながり』

東日本大震災 この経験が、僕の『つながり』に対する考え方を大きく変えました。

お父さん、お母さん、友達、お隣さん… 『あたりまえ』と思うつながりが、『あたりまえ』じゃない。 その『つながり』の大切さを多くの人に感じて欲しい。 そんな想いを持つようになりました。

そんな中、高齢化が進み、住む人同士の関係も希薄になっているという白鷺団地で『つながり』を創る活動に参加させて頂くことになりました。

『僕に出来ることは…?』

そう気張っていましたが、実はそう難しく考える必要も無かったことに直ぐに気付きました。 僕たちがやるのはあくまでもお手伝い。 今の活動を創っているのは団地に住む皆さんの声です。

『編み物をやりたい!』 『色んなものが作ってみたい!』 『せっかくだから○○さんも!』

『糸』から始まり、 様々なの想いが色んなモノを作り、 色んな『人』を繋ぎ、 そして『心』を紡いでいく。

人生の先輩方とともに、これからもそんな場所を創るお手伝いを続けたいと思います。

 

坪田 直樹

大阪府立大学 OPU for 3.11 ネットワーク

LINEで送る